”えむ” ヤマノアンサンブルコンテスト 優勝しました

フルートアンサンブル“えむ”

毎年、銀座の山野楽器で行われている、アマチュア・フルートアンサンブルコンテスト第21回、
“えむ”が優勝しました。

 

課題曲「ロシアの歌」

課題曲「ロシアの歌」

湯本洋司作曲「影」

湯本洋司作曲「影」

 

 

 

 

 

 

今回は、湯本洋司作曲「 影  」フルート六重奏で、6人でのぞみました。

山野のコンテストには連続3回目で出場し、今まではオリジナル賞をいただきましたが、
今回優勝をいただくことができました。

まず課題曲「ロシアの歌」は私が聞いた中では一番きれいでした。

自由曲「影」は洋司先生のオリジナルで、これがまたとってもいい曲で”えむ”のメンバーにはとてもフィットしていて、実力が発揮できたと思います。 (写真:宇田川哲夫)

表彰式で尾張さんが代表でいただきました

表彰式で尾張さんが代表でいただきました

1477275084553

 

 

 

 

 

 

 

「 影 」 湯本洋司作曲
メインフルートのトリオに、それぞれシャドウ役がつきます。
前線3名、後ろに3名という配置をとっています。
物に光を当てるとその当て方によって、影の大小や濃淡が大きく変わるいわばメインとシャドウの駆け引きの様子を表した曲です。

 

”えむ”の皆さんお疲れ様でした。
応援にかけつけてくださがった方々、写真を撮影してくださった宇田川さんありがとうございました。
私も、本当にうれしいです。

 

 

 

 

加宮門下生 演奏会

2016年10月16日(日)13時開演

img088

 

加宮門下生は、現在、たくさんの方が音楽の世界で活躍しています。
葵先生はソプラノ歌手、令一郎先生(去年お亡くなりになりました)はビオラ奏者です。

今回、この門下生の演奏会は、現在、葵先生に教えていただいている声楽の生徒さんが中心で演奏します。

今回は18人が演奏しますが、私は15番目にソプラノとして、18番目にフルートを演奏します。
いずれも洋司先生が伴奏をします。

ソプラノ

おんがく            木下牧子作曲
海と涙と私と          木下牧子作曲
かなしくなったときは      大中恩作曲
たたへよ、しらべよ、歌ひつれよ 山田耕筰作曲

フルート

ハンガリー田園幻想曲   ドップラー作曲

その他に14番目にピアノの渡辺麻衣子さんがリストの「タランテラ」19番目にメゾソプラノの小倉牧子さんがサンサーンス作曲 あなたの声に私の心は開く/他   を演奏します。
入場は無料です。お時間のある方はおでかけください。

 

 

フルートとギターのひととき Vol.2 終了

9月11日(日)14:00

スペースDo(JR新大久保)ほぼ満席でスタートしました。

プログラムもとても個性的で、ギターの橋爪晋平さんととても息合った演奏で、聞いている人のハートをがっちりつかみました。

20160911

プログラム
ジュリアーニ:変奏曲とポロネーズ
バッハ:無伴奏ヴァイオリンソナタ
ストラビンスキー:クラリネットの為の3つの小品
武満徹:「海へ」
ゴダール:組曲
マルティン:南国風ディヴェルティメント
ブラームス(湯本洋司編曲):パッサカリア(交響曲4番第4楽章)

 

すばらしい演奏をありがとうございました。
そして、聞きにきてくださいました皆さまありがとうございました。
そして、会場のスペースDoのスタッフの方々、お手伝いの皆さまありがとうございました。
いい演奏会でした。

 

フルートとギターのひととき Vol.2

湯本洋司&橋爪晋平デュオコンサート

洋司先生が、昨秋に引き続きVol.2としてギタリスト橋爪晋平さんとギターとフルートの音楽をお届けします。
Chirashi20160911e

 

Vol.1は、榎坂スタジオで満員御礼ですばらしいデュオを聞かせました。

今回も、二人がどんな息のあった演奏をするのかとても楽しみです。

詳細、チケト購入はこちらをご覧ください

 

 

アンサンブル”えむ” ボランティアコンサート

はなまるデイサービス武蔵浦和

013001025

 

 

 

 

 

 

 

 

 

先日、リハビリの家 西浦和でのボランティアコンサートに続いて、今日ははなまるデイサービスでボランティアコンサートを行いました。
西浦和にあるリハビリの家でボランティアコンサートを行いました。
メンバー14人のうち、この日は11人が参加しました。

とっても、明るい雰囲気の施設で、とてもよく聞いてくださりました。

 

 

 

アンサンブル”えむ” ボランティアコンサート

CIMG1728リハビリの家 西浦和

”えむ”は、西浦和にあるリハビリの家でボランティアコンサートを行いました。
今回は、メンバーのうち11名とお手伝いと私の13名でお邪魔しました。

これは、最後にみんなで「ふるさと」を歌った様子です。

 

 

この他に15曲を演奏しました。
CIMG1685CIMG1716

 

 

 

 

 

 

演奏もみんながんばってなかなかよい演奏ができました。
施設の方からも、大変喜んでいただきました。
この日は、施設の方々全員参加だったようです。
私は、司会をしましたが、皆さまご存知の曲は一緒に口ずさんでいただくなど、とてもよく聞いていただけた様子がわかりました。

プログラム
1.踊り明かそう
2.少年時代
3.ステンカラージン
4.Vivace
5.アイネ・クライネ・ナハト・ムジーク
6.エリーゼのために
7.ホールニューワールド
8.ダニーボーイ
9.オブラディ・オブラダ
10.カンカン
11.アロハ・オエ
12.ジュピター
13.しゃぼん玉
14.ねんねこ三選
15.星に願いを
16.みなさんで歌いましょう  “ふるさと”

 

 

 

アンサンブル発表会を終えて

第3回目

アンサンブルの発表会を楽しく盛会に終えることができました。
今回は30名で40曲を演奏しました。(そのうち、ソロ3曲)

隔年ごとにソロの発表会をやっていますが、
白井の教室の近くにいいホールがあります。
地元のさいたま市周辺では、発表会ができるようなホールはどこも抽選で、なかなか当たりません。
でも白井には中銀マンシオン所有のもので、駅から近くて発表会にちょうどよいホールがあります。しかも、白井は小さな町ですからホールも取りやすいのです。
それで、ちょっとやってみようと思って、始めたアンサンブルのコンサートです。
ソロのコンサートとは、また違った雰囲気で、みんな生き生きとしています。
一人、3、4曲演奏します。曲ごとにいろいろな方とアンサンブルしますから、自然と会話もはずみ和気あいあいといった感じです。

フルートでアンサンブル

今回、全体の8割にあたるプログラムはトリオないしカルテットでした。
アンサンブルをやると、とても勉強になります。
ソロの時には、伴奏者が自分にあわせてくれますが、3人以上で演奏する場合、相手が自分に合わせてくれることを期待できません。
それどころか、自らが合わせていくという、積極的な姿勢でいなければなかなかうまくいきません。
一人ひとりがそのパートを責任を持ち、メンバーが一体となって進めていきます。
普段、個人レッスンの中で、音符が短すぎる、長すぎると言われても、なにかぴんとこなくても、アンサンブルの中で短すぎたり、長すぎたりすることは、直ちに演奏に影響が出てしまいます。
アーティキュレーションにしても、音の長さにしても、各自がそれぞれ違うことをやっていては意味がありません。
そんなことを、アンサンブルを通して体感し、身をもって経験しいくことは、
非常に貴重な体験となっていきます。
回を重ねるごとに、皆さんがアンサンブルに慣れているのを感じます。

ソロの発表会では、及び腰だった人がアンサンブルの発表会ではとても積極的になり、上手になった方がいます。また、フルートを始めたばかりでソロではちょっと自信がなくても、アンサンブルならと出演した方もいます。

このアンサンブルの発表の機会を持つようになってから、よりフルートのレッスンも意義のあるものになっているように思います。

コンサートを終えて、楽しかったという感想が非常に多く寄せられました。
私もこのコンサートのために、選曲や人選に多くの時間をさき、準備をしてこの日を迎えました。
曲が多いのですが、一曲ごとにメンバーに合わせて譜面台の高さを変えるなど、ステマネの協力にも感謝していますし、曲ごとのチューニングもみんなよくがんばったと思います。
関係者の皆様ありがとうございました。
来年は、5月28日(日)川口リリアで第13回ソロの発表会です。
また、いい演奏会になりますようにがんばりましょう。

第3回アンサンブル発表会を行います

アンサンブル発表会

隔年で行うようになったアンサンブルの発表会も3回目を迎えます。
今年は、総勢30名がソロ、デュオ、トリオ、カルテット、クインテットを奏でます。

2016 (32)
平成28年6月5日(日)午後1時開演
白井中銀マンシオン 大ホール(北総線「白井」徒歩3分)

このアンサンブルのコンサートを行うようになってから、レッスンでも前後の人とトリオをやったりして、アンサンブル向上を目指し準備してきました。
出演のみなさんも、わくわくドキドキでこの日のためにがんばっています。
私も、すごく楽しみにしています。
アンサンブルって楽しいですよね。

 

演奏曲目

マーク王子の行進曲、春「四季」、イタリア奇想曲、朝の気分、 ハレルヤ、聖アントニオのコラール、 見よ、勇者は帰る、ドナ・ドナ、 おじいさんの古時計、 間奏曲「カバレリアルスティカーナ」、シマーリングフルート、ジュピター、アロハ・オエ、晴れた日に、カンカン、星のセレナーデ、渚のアデリーヌ、涙のトッカータ、エル・チョクロ、カノン:パッヘルベル、花のワルツ、スカボロフェア、崖の上のポニョ、 浜千鳥、アヴェ・マリア、冬景色、 小さい秋見つけた、 葦笛の踊り、「四季」より:ヴィバルディ、二匹の蝶、 ダイアローグ、 雪解け、すべての山に登れ、 第3楽章 交響曲No4「Italy」より  、雨に唄えば、雨にぬれても、アメージング・グレイス/他

マーレ レストラン街リニューアルオープン フルートアンサンブルコンサート

フルートアンサンブル”えむ”

私の地元である、武蔵浦和駅にある、マーレの2Fにあるレストラン街がリニューアルオープンしました。
そのイベントとしてアンサンブル”えむ”演奏させていただきました。

m1404182m1404181

 

 

 

 

 

 

 

 

上を向いて歩こう
虹の彼方に
イエスタディー・ワンスモア
ビリーブ
浜千鳥
崖の上のポニョ
フォスター名曲集
見上げてごらん夜の星を

”MARe” マーレ  ショッピング&レストラン

マーレは、武蔵浦和駅の顔ともいえる、ショッピングとレストランがそろっています。
1Fも2Fも次々にリニューアルしていきましたが、この度、さらにレストラン街が素敵になりました。
この記念の場に”えむ”を呼んでいただきまして、感謝いたします。
定期コンサートも終了し新しいメンバーも加わり、大変盛り上がりました。

 

 

 

フルート・アンサンブル・サークル 始まりました

第1回始まりました

4月1日の第1回目には、なんと10名の方が参加してくださいました。
はじめから、こんなにたくさんの方々が来てくれるとは思いませんでした。

6時からは、久しぶりにフルートを手にする方、基礎をやりたい方のために、マウスピースの練習から始めました。

7時からは、第1回目ということで洋司先生の指揮で「見上げてごらん夜の星を」「スマイル」を演奏し、後半は小編成としてトリオ「ボルガの舟歌」「一週間」を練習しました。

和やかな雰囲気の中、とても楽しいひと時となりました。

今年は、年内、ボランティアのコンサートをぜひ実現させたいと思います。

ゆっくり丁寧に、楽しい会になるよう、がんばっていきます。

ホームページフルートアンサンブル・サークル

日時 第1&第3金曜日(月2回) 19:00~21:00
会場 ビューティーライフスマイル
(さいたま市南区鹿手袋6-7-9)
会費 月額 4,000円
初心者の方は18:00から♫
初めの1ヶ月は体験コースで2,000円です♫

「一人で吹くのもいいけどアンサンブルもやってみたい…」
「昔吹部で吹いていた。またやってみようかな…」
「なんとなく興味があるんだけど…1歩が踏み出せない…」
「たまには人前で演奏するのもいいかも…」
「昼間は仕事で時間が取れない…」
どなた様も大歓迎!お気軽にお問い合わせください。

お問い合わせ 湯本フルート教室
Tel:048-862-8647 Mail:leggeromisa@f4.dion.ne.jp

フルートアンサンブル”えむ” 「マーレ」レストランで演奏

マーレ2階レストラン街、只今工事ちゅうですが、4月15日にリニューアルオープンします。
このオープンの日”えむ”が演奏させていただきます。

オープンに合わせて、30分のコンサートを昼ごろ2回演奏する予定です。

上を向いて歩こう
虹の彼方に
イエスタディー・ワンスモア
ビリーブ
浜千鳥
崖の上のポニョ
見上げてごらん夜の星を
フォスター名曲集

明日は、”えむ”の練習です。
しっかり準備します。