フルートアンサンブル発表会を終えて

第4回目を終えて

初めは、アンサンブルなんて簡単と思って始めましたが、思った以上に奥深く困難にも遭遇しました。
その度に、工夫をしてこの第4回(2018.6.24)を迎えました。
ソロと違って、皆で息を合わせなくてはなりません。うまくいったり、ミスしたり、いつもは間違えないでできているのに思いもよらないミス、がっかりしたり、うれしくなったり、でも後悔している暇はありません。次から次にプログラムは進みます。合奏も含めれば、ひとり何回も出番がありますから、ぼーっとしている暇はありません。
スリル満点の本番を通して、みんな生き生きと演奏できたと思います。

今回は

今回力を入れたのは合わせの機会を増やすことでした。
去年の秋頃から、ぼちぼちアンサンブルの勉強会として、合わせの機会を設けました。これは自由参加でしたが、毎回好評で、皆さん力をつけられたと思います。
合わせの回数を増やしたことで、より難しい曲にもチャレンジできました。
今回、このコンサートで自信を持てた方も多かったようです。

今後の課題

普段一人で吹いていては、なかなか気がつかなかった自分の欠点も気がつくいい機会だと思います。
しっかり拍子をとって演奏すること、音があっても無くても数えることが大変重要ですし、テンポも早くなったり遅くなったりしないでキープする力も必要です。
リズム、アーティキュレーション、タンギング、音の長さ、そして音。

やっぱり音

一人だけ浮いてしまうような音ではいいハーモニーにはなりません。
やっぱり音が大切です。三重奏なら3人が同じ音質、音量で吹けることが理想です。
縦の線があってるだけでは意味がありません。
いいハーモニーには、いい音が必要です。
それには、日頃の鍛錬が大切です。

選曲と組み合わせ

いつも悩むのが選曲と組み合わせです。
最近は楽譜もたくさん出回っていますが、実はアンサンブルの楽譜は数多くはありません。
「できそうだ、楽しい、おもしろい」とひとりひとりが感じられる曲。
「これならアンサンブルになる」と想像できる組み合わせ。

これがなかなか難しいのです。

子供達

昨今の少子化の影響で、私の生徒さんも小学生は少ないのですが、小学生3人に「夢はひそかに」トリオを演奏してもらいました。
正式のメンバー3人で合わせたのは当日だけでしたが、1回、2回目からはぴったり。リハも本番もとってもいい演奏でした。
周りの大人達はそんな彼女らを羨望の眼差しで見ていました。
子供ってすごいです。

来年は

毎回盛り上がるアンサンブル発表会ですが、「初めてフルートのことをお話できる人と出会った」、「知り合いができた」など、みんな楽しそうでした。
来年はソロの発表会です。
2019.6.2  埼玉会館小ホールです。
いい発表会になるようがんばりましょう。

第4回アンサンブル 発表会 フルート

中銀白井マンシオン第ホール
平成30年6月24日(日)13:00開演

隔年で開いていたフルートの発表会ですが、その谷間にアンサンブルの発表会を開くよようになりましたが、今回4回目となりました。

プログラム

ジュピター/メヌエット /見よ、勇者は帰る/ハッシュリトルベイビー/ソナタ第1.2楽章/クヴァンツ 君をのせて/プロムナード/美しき青きドナウ/市民のファンファーレ/「未完成交響曲」よりアンダンテ/カノン/パッヘルベル/いそぎ来れ、主にある民/メリーウィドウ/山のこだま/「眠りの森の美女」よりワルツ/  踊る人形/スペイン舞曲 No2/シンデレラより「夢はひそかに」/ ブランデンブルグ協奏曲第2番より「アダージョ」/峠のわが家/聖者の行進/小さな世界/目を覚ませと呼ぶ声が聞こえが聞こえ/アマポーラ/ラ・カッチャ/夏は来ぬ/冬景色/亡き王女のためのパバーヌ/テルツェットより第1.3楽章/渚のアデリーヌ/涙のトッカータ/木漏れ日の散歩道/愛のよろこび/アンダンテとロンド/メンデルスゾーンとラハナーの主題による3つの二重奏曲/スラブ舞曲/

合奏      

プログラムの最後は、いつも洋司先生が合奏曲を作ってくれます。
今回は、マンシーニの往年の名曲「ひまわり」「ピンクパンサー」「刑事コロンボ」を編曲して、『ヘンリー・マンシーニ セレクション』 として、指揮してくれます。

今回は、去年から個人レッスンの他にアンサンブルの合わせの機会を何度も作り、準備してきました。
毎回顔を合わせて、みなさん和やかに練習してまいりました。
楽しみです。

お問い合わせ 湯本048-862-8647

午後のくつろぎコンサート終了

 フルートアンサンブル3団体のコラボレーション

お天気にも恵まれて、さいたま市文化センターの多目的ホールで開催しました。

ベラノッテ

ベラノッテのメンバーはいつも楽しそうです。
まだ発足してから、1年10ヶ月あまり、この新しいベラノッテのみんなに、晴れ舞台に立って欲しいとこのコンサートを企画しました。

昨年9月18日のボランティアコンサートをバネに望んだ今回の演奏では、大健闘でした。
リハーサルはばっちり♪( ´θ`)、
本番では若さが出ました ♪(´・_・`)

笛吹き隊 Kotori

とっても仲がいい5人組。
去年、ヤマノのアマチュアコンテストでも演奏した「心に染みる5つの言葉」今回全楽章披露しました。
メンバーの江守さんのピアノ伴奏で「エンターティナー」「彼方の光」を演奏。
圧巻だったのがディズニーの「イッツアスモールワールド」「ジャングルブック」を演奏、お客様方の手拍子もいただいて、おおいに盛り上がりました。

 

えむ

昨年9月の第6回定期演奏会の成功で、一段と自信を深めましたが、
今回は、「ボアモルティエのコンチェルト」「フックのトリオ」「ベルトミュー/猫」いずれも全楽章を演奏し、より内容を充実させ、しっっかりした演奏を披露しました。
最後に、メンバー全員で、去年お別れした石田さんに、湯本洋司作曲の「レクイエム」を演奏してご冥福を祈りました。

 

 

最後に、出演者、お手伝いの皆さん全員で記念撮影。

みんなで協力して一つのコンサートを作り上げ、素晴らしい1日でした。

ご来場の皆さまありがとうございました。

打ち上げは、イタリアンカフェ「コエノトッコ」を貸切にして、お互いの労をねぎらいました。お疲れ様でした。

写真は、ベラノッテのメンバーで写真家の宇田川哲夫さん撮影。

午後のくつろぎコンサート

アマチュア・フルートアンサンブル3団体の“コラボレーション”

日時:2018年1月21日(日)13:00開演(12:30開場)

場所:さいたま市文化センター4F 多目的ホール

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ベラノッテ・フルートアンサンブル 13:00〜

2016年に結成。フルートのアンサンブルに興味を持った仲間が集まって始まりました。
このような形での演奏会は初となります。
只今、メンバー10人、みんながんばっています。

1.ハレルヤ / ヘンデル
2.風笛~あすかのテーマ / 大島ミチル
3.トリオ No.1 / フック
4.フルートドルチェ / 伊藤康英
5.ユー・アー・マイ・サンシャイン / ジミー・デイビス
6.間奏曲 / マスカーニ
7.ガイヤルドとクーラント / フレスコバルディ
8.サンバ デ バイーア / カルケ
9.見上げてごらん夜の星を / いずみたく
10.ララルー「わんわん物語 / ソニー・バーク
11.ラ・カッチャ / テレマン
12.オー•シャンゼリゼ / マイク=ウィルシュ/ディーガン
13.月夜の旅路~古今東西「月」メドレー / 湯本洋司編曲
14.ベラノッテ / ソニーバーク

 

笛吹き隊 Kotori ♪      14:15〜(予定)

フルート歴の浅い小鳥からベテランの小鳥まで、縁があり共にアンサンブルを楽しむ様になって今年の春で3年目を迎えます。メンバーは5人。
フルートアンサンブルとしてはまだまだひょっこの団体ですが、仕事や育児を抱えながら、小鳥の様に美しいハーモニーを奏でられるよう、時間を作り練習に取り組んでい ます。

1.エンターテイナー / スコット・ジョップリン
2.心に染みる5つの言葉 / 八木澤  教司
3.彼方の光 / 村松崇継
4.フルーティースイート / 桃サクラ
5.ディズニーの世界から
   小さな世界 / シャーマン兄弟
   ザ・ベアー・ネセシティ / テリー・ギルキーソン

フルートアンサンブル“えむ” 15:00〜(予定)

2009年に結成されました。
多くのアンサンブルをメンバー12名で楽しんでいます。
第19回ヤマノ・アマチュアフルートアンサンブルコンテスト 大編成の部「オリジナリティ賞」
第20回 同「オリジナリティ賞」及び「準優勝」
第21回 同「優勝」
「THE FLUTE」2017年12月号に、”えむ”の紹介記事が掲載されました。
定期演奏会に加え、様々なイベントや福祉施設でのボランティアコンサートに向かい練習に励んでいます。

1..トリオ Fdur 1楽章 / ドゥヴィエンヌ  
2.小さな旅NHK「小さな旅」テーマ曲 / 大野雄二
3.トリオNo.2 / フック
4.魔女の宅急便メドレー / 久石譲
5.もののけ姫メドレー / 久石譲
6.アヴェマリア / カッチーニ
7.夢やぶれて / C.M.シェーンベルク
8.エクローグ / 渡辺厚
9.5本のフルートのためのコンチェルト / ボアモルティエ
10.猫 / ベルトミュ      
11.ラブ・バード / ショッカー
12.”えむ”のレクイエム /  湯本洋司(賛美歌第320番引用)

 

 

最後に

みなさん、きれいなハーモニーを求めて練習に励んでいます。
日頃の練習の成果を思う存分発揮してほしいほしいと、今回、企画してみました。
プログラムの最後には、湯本洋司先生とデュオでプロコフィエフ / ソナタ ニ長調 OP.115  1楽章を演奏いたします。
ご来場をお待ちしています。

フルートを楽しむ会

第6回楽しむ会

 

私に関係してくださる生徒のみなさんに、プレゼントの気持ちを込めて、フルートアンサンブルの初見大会を不定期で行っています。
6回目は11月23日㊗︎に行いました。

今回は、前半、後半に別れて行い、それぞれ9人ずつ、18人の参加をいただきました。

前半
初心者、アンサンブルに慣れていない方、音符を読むのが苦手な方。
比較的簡単な曲(四分音符、八文音符)

ハイホー、チムチムチェリー、バッハ作曲ガボット、天なる神には、いそぎ来れ、主にある民、ああベツレヘム、星の世界

後半
音を出すことにストレスがない方、楽譜を普通に読める方。〜十六分音符もOK。
新曲を次々に吹いていきます。

クンマートリオop.24 、Paraphrasen op.184  クロンケ、ラグタイム、笛吹きの休日、ファミリーコレクション

前半と後半と別れたのは今回が初めてですが、非常に好評で、楽しく演奏できました。
ソロではないので、大丈夫です。遠慮しないでみんなに参加して欲しいと思っています。

この日は懇親会でおおいに盛り上がり終了しました。

ベラノッテ・フルートアンサンブル 

ボランティアコンサート

ベラノッテのメンバーにとって2回目のボランティアコンサートを行いました。

全員合奏「月夜の旅路」

 

与野本町のコミュニィティーセンターでリハーサルをして、歩いて15分、らいふ与野本町で演奏を行いました。

メンバー10人、みんなでばんばりました。

まず、全員で合奏「八十日間世界一周」、それからトリオ、カルテットで次々に演奏していきました。

私は司会をしました。

 

 

 

カルテット「見上げてごらん夜の星を」

〜♪〜プログラム
八十日間世界一周 / ハレルヤ / ジュピター / 美女と野獣 / ララルー「わんわん物語」/  山のこだま / 彼方の光 / 浜千鳥 /  見上げてごらん夜の星を / 渚のアデリーヌ / アンネンポルカ / サンバ デ バイーア / 月夜の旅路 ~古今東西「月」メドレー /  湯本洋司編曲
あっという間にプログラムのすべてを演奏し、アンコールは「ふるさと」を、らいふの皆様と歌いました。

全員で打ち上げました

 

月に2回の練習は、和やかな雰囲気の中で次々に演奏していきます。
これから、ますますいいアンサンブルになっていくと思います。

 

 

 

 

 

 

ちいちゃんのかげおくり

フルートアンサンブル“えむ”第6回定期コンサート

今年の夏はなんだか曇ってばかりでしたが、この演奏会の日はお天気に恵まれ、たくさんのお客様にご来場いただきました。
カルテットのグリーンスリーブスで始まりました。
今回の演奏会の準備は遅かったのでどうなるのかと心配していましたが、当日は笑顔でみんなおもいきり演奏しました。

 

ちいちゃんのかげおくり

湯本洋司先生が素敵な作品を作ってくださいました。
「かげおくり」というのは目の残像現象を使った子どもの遊びのひとつです。
あまんきみこさんの原作によるこの物語は、現在小学校3年次の国語の教材として使われており、太平洋戦争時代に生きた1人の女の子「ちいちゃん」と、その家族の様子を描写し、戦争の悲惨さを後世に伝える名作です。

原作:あまんきみこ
作曲・指揮:湯本洋司
語り:熊本野映
ピアノ:斎藤洋子

女優:熊本野映さん

今回はこの物語をナレーションとフルートアンサンブルとピアノという形式で
「音楽物語」として、湯本洋司が作曲いたしました。
まず、ピッコロがふたつの音で「ちいちゃーん、」と呼びかけるように始まります。
そして、ピアノの調べに続いてフルートのアンサンブルがちいちゃんのテーマ曲を優しく奏でていきます。
そして、ピッコロの「ちいちゃーん、」に続いて、熊本野映さんが語りかはじめます。
「ちいちゃんのかげおくり、、」
まるでミュージカルを見ているよう、そんな賛辞もいただきました。野映さんの語り素晴らしかったです。
涙がでました、感動しました、たくさんのお声をいただきました。

 

定期コンサート プログラムから

今回、ピアニストの斎藤洋子先生に共演していただき、湯本洋司先生の編曲で日本の四季をピアノとフルート三重奏で演奏しました。  ♪海&うみ  ♪どこかで春が  ♪小さい秋見つけた  ♪雪
ドップラー作曲の「アンダンテとロンド」もピアノに田中さん、小川さんが演奏しました。

 

♪“えむ”の星空紀行

第2回のコンサートから披露してきました、湯本洋司による当アンサンブルの為の書き下ろし曲
「えむの何々」シリーズですが、今回は「えむの星空紀行」をおおくりいたします。
題名の通り、夜空に輝くさまざまな星や星座にちなんだ、皆様もお馴染みの音楽によるメドレーです。引用曲は「冬の星座」「きらきら星」「星に願いを」「七夕」そして「見上げてごらん夜の星を」の5曲ですが、やがて最後には夜が明けて星も消え、グリーグ作曲「ペールギュント」より「朝の気分」の音楽で全曲を締めくくります。
なお、この曲では2つの効果的な試みをしております。
ひとつは曲の雰囲気に関係なくフルートの短く鋭い音や、流れるような音の並びが時折聞こえますが、これは星のきらめきを表していて、オリオン座や北斗七星、夏の大三角、天の川など、星の並びをそのまま音譜の並びにしたものです。
もうひとつは、丁度曲が変わる所で「ウィンドチャイム」という楽器を使っております。今回、当アンサンブルメンバーの石田が担当いたします。

♪影 ~The Shadow~

湯本洋司作曲「影』この曲は昨年のヤマノ・アマチュア・フルート・コンテストの為に湯本洋司が書き下ろし、大編成の部で優勝を頂いた曲です。編成はフルート6重奏ですが、内訳は第1から第3番のフルートのトリオがメインで、そのそれぞれに「影」の役が後ろに付きます。従って演奏者は前に3名、後ろに広がるように3名という、ちょっと変わった配置となります。
後ろの人達はメインのメロディーをいろいろな音の形で「影」を表現する、とても重要な役目を担っております。
物に光を当てるとその後ろに影ができますが、光の当て方によってはその影の大きさや濃淡が大きく変ります。この曲はそんな、いわば光と影の駆け引きのような様子を表現しています。
今回もコンテストの時と全く同じメンバーが演奏いたします。(小川・田中・久野・須川・尾張・水戸部)

タンゴを三曲 ♪アルベニスタンゴ  ♪ピツィカートタンゴ  ♪エル・チョクロ

ディズニーワールドのから♪イッツアスモールワールド♪美女と野獣  ♪レットイットゴー

*ほぼ満員のご来場をいただきました。
ありがとうございました。

写真提供:宇田川哲夫氏

アンサンブル”えむ”第6回定期コンサートご案内

 さいたま市文化センター小ホール

結成から8年、第6回目のコンサートとなります。
今回は、メインは湯本洋司作曲、音楽物語「ちいちゃんのかげおくり」原作:あまんきみこ
を女優の熊本野映さんを語りとしてお迎えしました。
そのほかに、いつものようにフルートの合奏、アンサンブルをたっぷりお聞かせします。

2017年9月3日(日)14:00開演
さいたま市文化センター しらさぎホール
入場無料


プログラムは
♪ロンドンデリーの歌 ♪ユーアーマイサンシャイン  ♪グリーンスリーブス ♪海&うみ  ♪どこかで春が  ♪小さい秋見つけた  ♪雪 ♪アンダンテとロンド   ♪“えむ”の星空紀行
♪影 ~The Shadow~ ♪アルベニスタンゴ  ♪ピツィカートタンゴ  ♪エル・チョクロ  ♪イッツアスモールワールド
♪美女と野獣  ♪レットイットゴー  ♪音楽物語「ちいちゃんのかげおくり」

 

音楽物語「ちいちゃんのかげおくり」

原作はあまんきみこさんの「ちいちゃんのかげおくり」
小学校の教科書にも取り上げられているこの作品、ちいちゃんの家族が戦争によって悲しい末路をたどるお話ですが、フルートの優しいメロディーに、女優の熊本野映さんが語ります。
えむのために、湯本洋司先生が作曲した作品です。

語 り   熊本 野映

6歳の時に劇団へ入団し、芝居を始める。
CM・ドラマ等での子役時代を経て、その後は舞台・ミュージカルを中心に活動。
NHK教育番組での歌唱や、バンド活動等、音楽方面の活動もしている。
~主な出演歴~
◆『天才ビットくん』b-label等5弾バンド ボーカル&ベース(NHK教育)
◆『シャキーン!』みんなでうたおう「知るや君」
「お星さまは知っている」歌唱(NHK教育)
◆ミュージカル『家なき子』
◆ミュージカル『銀河鉄道の夜』

影 ~The Shadow~

アンサンブル”えむ”は去年、「ヤマノアマチュアフルートアンサンブルコンテスト」大編成の部で優勝いたしました。その時の曲がこの「影 ~The Shadow~ 」です。
六人がメインとシャドウに分かれて光と影のように音楽を奏でます。

日本の四季

♪海&うみ  ♪どこかで春が  ♪小さい秋見つけた  ♪雪
ピアノの伴奏とともに3本のフルートが季節の歌を歌います。

ピアノ  齋藤 洋子

東京藝術大学附属音楽高校、同大学音楽学部器楽科ピアノ専攻、同大学院卒業。
藝大オケとブラームスピアノ協奏曲1番を協演、第10回藝大定期室内楽に出演。
学内において安宅賞受賞、読売新人演奏会出演。
ベルリン芸術大学最優秀にて卒業。
第50回日本音楽コンクールピアノ部門入選。
第11回クララハスキルピアノコンクールにてセミファイナリスト。
ケルン国際コンクールにてディプロマ賞受賞。
シュナーベルコンクールにて2位(1位なし)。
現在、白鴎大学教育学部講師。

そのほかのプログラム

四重奏では 「ロンドンデリーの歌」「ユーアーマイサンシャイン」「グリーンスリーブス」
タンゴにチャレンジ「アルベニスタンゴ 」「ピツィカートタンゴ 」「エル・チョクロ 」
ディズニーから「イッツアスモールワールド 」「美女と野獣 」「レットイットゴー」
えむの実力派が「アンダンテとロンド 」ピアノと2本フルート
洋司先生が毎回作る”えむ”シリーズの合奏、今回は ”えむ”の星空紀行

フルートアンサンブル“えむ”

2009年に結成以来、フルート好きの会員が集まりアンサンブルを楽しんでいます。
2016年「ヤマノ・アマチュア・フルート・アンサンブル・コンテスト」大編成の部において優勝致しました。毎年行われる定期演奏会の他、福祉施設でのボランティア演奏にも積極的に取り組んでいます。

皆様の暖かいご支援とご来場を心からお待ちしています。