ベラノッテ・フルートアンサンブル 

ボランティアコンサート

ベラノッテのメンバーにとって2回目のボランティアコンサートを行いました。

全員合奏「月夜の旅路」

 

与野本町のコミュニィティーセンターでリハーサルをして、歩いて15分、らいふ与野本町で演奏を行いました。

メンバー10人、みんなでばんばりました。

まず、全員で合奏「八十日間世界一周」、それからトリオ、カルテットで次々に演奏していきました。

私は司会をしました。

 

 

 

カルテット「見上げてごらん夜の星を」

〜♪〜プログラム
八十日間世界一周 / ハレルヤ / ジュピター / 美女と野獣 / ララルー「わんわん物語」/  山のこだま / 彼方の光 / 浜千鳥 /  見上げてごらん夜の星を / 渚のアデリーヌ / アンネンポルカ / サンバ デ バイーア / 月夜の旅路 ~古今東西「月」メドレー /  湯本洋司編曲
あっという間にプログラムのすべてを演奏し、アンコールは「ふるさと」を、らいふの皆様と歌いました。

全員で打ち上げました

 

月に2回の練習は、和やかな雰囲気の中で次々に演奏していきます。
これから、ますますいいアンサンブルになっていくと思います。

 

 

 

 

 

 

ちいちゃんのかげおくり

フルートアンサンブル“えむ”第6回定期コンサート

今年の夏はなんだか曇ってばかりでしたが、この演奏会の日はお天気に恵まれ、たくさんのお客様にご来場いただきました。
カルテットのグリーンスリーブスで始まりました。
今回の演奏会の準備は遅かったのでどうなるのかと心配していましたが、当日は笑顔でみんなおもいきり演奏しました。

 

ちいちゃんのかげおくり

湯本洋司先生が素敵な作品を作ってくださいました。
「かげおくり」というのは目の残像現象を使った子どもの遊びのひとつです。
あまんきみこさんの原作によるこの物語は、現在小学校3年次の国語の教材として使われており、太平洋戦争時代に生きた1人の女の子「ちいちゃん」と、その家族の様子を描写し、戦争の悲惨さを後世に伝える名作です。

原作:あまんきみこ
作曲・指揮:湯本洋司
語り:熊本野映
ピアノ:斎藤洋子

女優:熊本野映さん

今回はこの物語をナレーションとフルートアンサンブルとピアノという形式で
「音楽物語」として、湯本洋司が作曲いたしました。
まず、ピッコロがふたつの音で「ちいちゃーん、」と呼びかけるように始まります。
そして、ピアノの調べに続いてフルートのアンサンブルがちいちゃんのテーマ曲を優しく奏でていきます。
そして、ピッコロの「ちいちゃーん、」に続いて、熊本野映さんが語りかはじめます。
「ちいちゃんのかげおくり、、」
まるでミュージカルを見ているよう、そんな賛辞もいただきました。野映さんの語り素晴らしかったです。
涙がでました、感動しました、たくさんのお声をいただきました。

 

定期コンサート プログラムから

今回、ピアニストの斎藤洋子先生に共演していただき、湯本洋司先生の編曲で日本の四季をピアノとフルート三重奏で演奏しました。  ♪海&うみ  ♪どこかで春が  ♪小さい秋見つけた  ♪雪
ドップラー作曲の「アンダンテとロンド」もピアノに田中さん、小川さんが演奏しました。

 

♪“えむ”の星空紀行

第2回のコンサートから披露してきました、湯本洋司による当アンサンブルの為の書き下ろし曲
「えむの何々」シリーズですが、今回は「えむの星空紀行」をおおくりいたします。
題名の通り、夜空に輝くさまざまな星や星座にちなんだ、皆様もお馴染みの音楽によるメドレーです。引用曲は「冬の星座」「きらきら星」「星に願いを」「七夕」そして「見上げてごらん夜の星を」の5曲ですが、やがて最後には夜が明けて星も消え、グリーグ作曲「ペールギュント」より「朝の気分」の音楽で全曲を締めくくります。
なお、この曲では2つの効果的な試みをしております。
ひとつは曲の雰囲気に関係なくフルートの短く鋭い音や、流れるような音の並びが時折聞こえますが、これは星のきらめきを表していて、オリオン座や北斗七星、夏の大三角、天の川など、星の並びをそのまま音譜の並びにしたものです。
もうひとつは、丁度曲が変わる所で「ウィンドチャイム」という楽器を使っております。今回、当アンサンブルメンバーの石田が担当いたします。

♪影 ~The Shadow~

湯本洋司作曲「影』この曲は昨年のヤマノ・アマチュア・フルート・コンテストの為に湯本洋司が書き下ろし、大編成の部で優勝を頂いた曲です。編成はフルート6重奏ですが、内訳は第1から第3番のフルートのトリオがメインで、そのそれぞれに「影」の役が後ろに付きます。従って演奏者は前に3名、後ろに広がるように3名という、ちょっと変わった配置となります。
後ろの人達はメインのメロディーをいろいろな音の形で「影」を表現する、とても重要な役目を担っております。
物に光を当てるとその後ろに影ができますが、光の当て方によってはその影の大きさや濃淡が大きく変ります。この曲はそんな、いわば光と影の駆け引きのような様子を表現しています。
今回もコンテストの時と全く同じメンバーが演奏いたします。(小川・田中・久野・須川・尾張・水戸部)

タンゴを三曲 ♪アルベニスタンゴ  ♪ピツィカートタンゴ  ♪エル・チョクロ

ディズニーワールドのから♪イッツアスモールワールド♪美女と野獣  ♪レットイットゴー

*ほぼ満員のご来場をいただきました。
ありがとうございました。

写真提供:宇田川哲夫氏

アンサンブル”えむ”第6回定期コンサートご案内

 さいたま市文化センター小ホール

結成から8年、第6回目のコンサートとなります。
今回は、メインは湯本洋司作曲、音楽物語「ちいちゃんのかげおくり」原作:あまんきみこ
を女優の熊本野映さんを語りとしてお迎えしました。
そのほかに、いつものようにフルートの合奏、アンサンブルをたっぷりお聞かせします。

2017年9月3日(日)14:00開演
さいたま市文化センター しらさぎホール
入場無料


プログラムは
♪ロンドンデリーの歌 ♪ユーアーマイサンシャイン  ♪グリーンスリーブス ♪海&うみ  ♪どこかで春が  ♪小さい秋見つけた  ♪雪 ♪アンダンテとロンド   ♪“えむ”の星空紀行
♪影 ~The Shadow~ ♪アルベニスタンゴ  ♪ピツィカートタンゴ  ♪エル・チョクロ  ♪イッツアスモールワールド
♪美女と野獣  ♪レットイットゴー  ♪音楽物語「ちいちゃんのかげおくり」

 

音楽物語「ちいちゃんのかげおくり」

原作はあまんきみこさんの「ちいちゃんのかげおくり」
小学校の教科書にも取り上げられているこの作品、ちいちゃんの家族が戦争によって悲しい末路をたどるお話ですが、フルートの優しいメロディーに、女優の熊本野映さんが語ります。
えむのために、湯本洋司先生が作曲した作品です。

語 り   熊本 野映

6歳の時に劇団へ入団し、芝居を始める。
CM・ドラマ等での子役時代を経て、その後は舞台・ミュージカルを中心に活動。
NHK教育番組での歌唱や、バンド活動等、音楽方面の活動もしている。
~主な出演歴~
◆『天才ビットくん』b-label等5弾バンド ボーカル&ベース(NHK教育)
◆『シャキーン!』みんなでうたおう「知るや君」
「お星さまは知っている」歌唱(NHK教育)
◆ミュージカル『家なき子』
◆ミュージカル『銀河鉄道の夜』

影 ~The Shadow~

アンサンブル”えむ”は去年、「ヤマノアマチュアフルートアンサンブルコンテスト」大編成の部で優勝いたしました。その時の曲がこの「影 ~The Shadow~ 」です。
六人がメインとシャドウに分かれて光と影のように音楽を奏でます。

日本の四季

♪海&うみ  ♪どこかで春が  ♪小さい秋見つけた  ♪雪
ピアノの伴奏とともに3本のフルートが季節の歌を歌います。

ピアノ  齋藤 洋子

東京藝術大学附属音楽高校、同大学音楽学部器楽科ピアノ専攻、同大学院卒業。
藝大オケとブラームスピアノ協奏曲1番を協演、第10回藝大定期室内楽に出演。
学内において安宅賞受賞、読売新人演奏会出演。
ベルリン芸術大学最優秀にて卒業。
第50回日本音楽コンクールピアノ部門入選。
第11回クララハスキルピアノコンクールにてセミファイナリスト。
ケルン国際コンクールにてディプロマ賞受賞。
シュナーベルコンクールにて2位(1位なし)。
現在、白鴎大学教育学部講師。

そのほかのプログラム

四重奏では 「ロンドンデリーの歌」「ユーアーマイサンシャイン」「グリーンスリーブス」
タンゴにチャレンジ「アルベニスタンゴ 」「ピツィカートタンゴ 」「エル・チョクロ 」
ディズニーから「イッツアスモールワールド 」「美女と野獣 」「レットイットゴー」
えむの実力派が「アンダンテとロンド 」ピアノと2本フルート
洋司先生が毎回作る”えむ”シリーズの合奏、今回は ”えむ”の星空紀行

フルートアンサンブル“えむ”

2009年に結成以来、フルート好きの会員が集まりアンサンブルを楽しんでいます。
2016年「ヤマノ・アマチュア・フルート・アンサンブル・コンテスト」大編成の部において優勝致しました。毎年行われる定期演奏会の他、福祉施設でのボランティア演奏にも積極的に取り組んでいます。

皆様の暖かいご支援とご来場を心からお待ちしています。

 

 

 

第13回発表会を終えて

楽しい一日

9時前にリリアに着くと、事務所で鍵をもらい6Fに行くとスタジオの前で、何人も鍵が開くのを待っていらっしゃいました。10人ぐらいいらしたかしら?皆さんの本番への意気込みを感じました。

9:15 リハーサル開始、
全員に終わりまで吹かせてあげたかったのですが、時間の関係で切っていきました。ごめんなさい。
すべてのリハが終わったのが12:40です。

13:00開演

トップバッターはNさん、「恋は水色」そして、Gさんの「ロメオとジュリエット」
初めてとは思えないほどりっぱな演奏でした。

今回はプログラム1番からお客様もたくさん来てくださっていて、大変盛り上がりました。

ベテランの方もいますし、みんな協力してくれるので、スムーズに進んでいきました。
私も、客席から、全部の曲を聞くことができました。

中盤には、小学生4名が出演しました。
「ミッキーマウスマーチ、小さな世界」、「眠れる森の美女のワルツ」、「歌の翼幻想曲」、「ヴェニスの謝肉」
りっぱな演奏でした。

プログラムも終盤いきますと「モーツァルトのコンチェルト」「カルメン幻想曲」「バッハ」と難曲が続きました。

ひとつ反省

今回、タイムスケジュールを組むのが大失敗で、予告より早く進んでしまい、皆さんにご迷惑をおかけしてしまいました。ごめんなさい。

そして、私は「カゼルラのシシリエンヌとブルレスク」洋司先生のファーニホウのカサンドラの夢の歌」を演奏。

最後に35人全員で合奏♪

 

 

最後は、恒例の合奏で締めくくりました。

合奏:我が母の教え給ひし歌」「ALWAYS三丁目の夕日主題歌」

 

 

18:00からは、同会場で懇親会を開きました。
みんなで食べて飲んで、大いに盛り上がりました。
長~い一日でしたが、楽しい楽しい一日でした。
関係者のみなさま、ありがとうございました。

第13回 発表会

川口リリア 催し広場

今年はソロの発表会の年です。
場所は川口リリア「催し広場」、広場といっても多目的ホールのことです。
今年は、37人が演奏します。

プログラム

恋は水色、ロメオとジュリエット、ムーン・リヴァー、夢、天上のフルート より 春、亡き王女のためのパヴァー、ラ・パロマ、スイスの羊飼い、アルルの女 より メヌエット、 愛の小径、天使のセレナーデ、ノクターン第2番、ミッキーマウス・マーチ    /小さな世界、眠れる森の美女 より ワルツ、歌の翼 幻想曲、ヴェニスの謝肉祭、世界の約束/人生のメリーゴーランド、嬉遊曲第17番 より メヌエット、メロディー、タイスの瞑想曲、アヴェ・マリア、パン!、マドリガル、愛の悲しみ、マタイ受難曲 より    愛ゆえに主は死にたもう、オブリヴィオン、3つのロマンス より 第2曲、精霊の踊り、春よ、来い、タンゴの歴史 より カフェ1930、協奏曲第1番 より 第1楽章、アンダンテ・パストラルとスケルツェッティーノ、カルメン幻想曲、バラード、バッハ/ソナタロ短調 より 第3&4楽章、シシリエンヌとブルレスク、カサンドラの夢の歌

全員合奏:ドヴォルザーク   我が母の教え給ひし歌 / 佐藤直己         ALWAYS三丁目の夕日 主題歌

終演は17:30を予定しています。
わくわくドキドキ、皆がいい演奏できますように。
楽しい一日になりますように。
みんなでがんばりましょう!

ボランティアコンサート ”えむ” アズハイム東浦和

 

フルートアンサンブル”えむ”

今回は、”えむ”のメンバーのうち、8人でアズハイム東浦和でボランティアコンサートに行ってきました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

プログラム

♪1.「10のミニチュア」より / ワナウゼック
2.ノクターン、8.ミュゼット、9.ボヘミア風ポルカ、 10.タランテラ
♪2.タンゴ・マンボ エトセトラ
1.エル・チョクロ、2.エリーゼのために・チャ チャ チャ、3.タンゴ・ハンガリーラプソディー
4.ラ・クカラーチャ
♪3.  「ウエストサイドストーリー」より / バーンスタイン
1.サムホエア、2.アイ・フィール・プリティ、 3.トゥナイト、4.アメリカ
♪4.オペラ「カルメン」より / ビゼー
1.ハバネラ、2.セキディーリャ
♪5.“えむ”の星空紀行より / 湯本洋司 編曲
♪アンコール ふるさと

今回のプログラムは、いつもの”えむ”のプログラムと比べると少し固めでしたので、少し心配でしたが、演奏がとてもよくて、本当にきれいなアンサンブルができたと思います。

熱心に聴いてくださってるのがこちらにも伝わってきて、大変いい雰囲気でした。

施設のスタッフの方々も大変喜んでくださりまた来てくださいと、ありがたいお言葉をいただきました。

”えむ”の皆さま、お疲れ様でした。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

南浦和アートフェスタ2017

 

フルートデュオ

ウォームブリーズのメンバーでもある、塩谷さんとフルートのデュオでアートフェスタに出演します。

日時:2017.3.12(日)13:00ごろ

場所:さいたま市文化センター多目的ホール

15分の演奏ですがショッカー作曲「ラブバード」ビゼー作曲「カルメン」より演奏いたします。

 

 

ジュニア ソロ コンテスト ♪さいたま市

たくさんのコンクール、コンテストがありますが、数年前からさいたま市でも小中学生を対象にしたコンテストが毎年行われるようになりました。

対象楽器は金管バンド、吹奏楽で使用される楽器です。

今の世の中、昔と比べるとたくさんのコンクールがあるのですが、
このさいたま市のソロ コンテストは参加費も格段にお安くて小学生は1,000円で、
とてもお手軽に参加でき審査員の方々からもコメントをいただけるのでいいイベントだと思います。
演奏曲目も特に指定がないので自由に選曲できます。

今年は、私の指導している小学4年生の女の子がフルートで出場しました。
まだ、楽譜もろくに読めないのですが、初めにコンテスト用に渡した楽譜はペールギュントの「朝」でしたが
一週間でほとんど吹けるようにしてきたのには驚きました。

それで、ちょっと背伸びのつもりで渡したのは「イッツ ア スモールワールド」でしたが、この曲も一週間で譜読みしてきましたからびっくりでした。

なかなかいい音してるのです。
それに、なにより楽しそうに演奏し、とってもいい感じに吹くのです。

優秀賞受賞

そして、迎えた予選で「優秀賞」をいただきました。

審査員の方々からも、とてもいいコメントをたくさんいただくことができました。

すっごくいい演奏だったと思います。

(最優秀賞の方は本選出場できます。)