フルートの持ち方

人差し指の付け根

フルートは、音を出すのが難しい楽器ですが
やっと音が出るようになったとしても、上から下までバランスよく出すということは、なかなか難しいのが現状です。
きれいなよく通る音を出すというのは、1音では実はそんなに難しいことではないのですが
旋律を吹くようになるとなかなか難しいものです。
途中から音がかすれてしまう、あるいは質が悪くなる。
いろいろ原因があると思いますが、
その一つに楽器の持ち方があります。
フルートは、3点支持だとか4点支持だとか、いろいろ言いますけれど、
口と、右手の親指、左手人差し指の付け根あたりででバランスをとることに異論を唱える方はいないと思いますが、この左手差し指の付け根あたりというのはチェックです。
左手の親指を動かす時、つまりド(C)の音を吹く時などに、楽器が支えられず、左手差し指の付け根あたりも、持ち直したりしているとしたら、
楽器が動いてアンブッシャーも崩れてしまいます。
こうなると、音が悪くなったり、出なくなったりします。
レッスンの中でもこのような例がいくつもありました。
確かめる方法は
シ(H)の音をまず吹いて、シ(H)とドの#(Cis)のトリルを吹いてみてください。
この時、親指と人差し指がスムーズに動いて楽器が動かなければOKです。
でも、差し指の付け根あたりのポジションを変えたり、楽器を支えるために肩をすぼめたり、肘が動くようだとだめです。
この、左手の差し指の付け根あたりのポジションを見直すだけで、音が安定したり、吹きやすくなったりすることがあります。