第14回発表会 2019.6.2

埼玉会館 小ホール

今回は初めて、埼玉会館小ホールでの開催となります。
このような立派なホールで、発表会を開くことになりました。
生徒の皆さん、お一人お一人が輝けますように、万全の準備で毎回望んでいます。
洋司先生は、会場の打ち合わせから、プログラム、当日の進行と、全てに関わってくれて、いつも大成功ですから、今回もきっといい演奏会になるでしょう。
プログラムの最後に演奏される合奏は、その時々のトレンドに合わせた曲を洋司先生が用意してくれます。今回は「オブラディオブラダ」「伝説のチャンピオン」です。

総勢37人で演奏します

プログラム

メリーさんの羊 /シシリエンヌ /傲雪春梅 /タイスの瞑想曲 /ベルトミュー :ロマンティック組曲 /「くるみ割り人形」より花のワルツ :ハイドン セレナーデ/
ケーラー: 夕べのうた /ブラーガ 天使のセレナーデ/シューベルト 「白鳥の歌」よりセレナーデ/ポル ウナ カベサ /マルチェッロ ソナタ/ゴーベール :マドリガル /「アルルの女」よりメヌエット /ボッザ アリア/「歌の翼」幻想曲 /「眠れる森の美女」よりワルツ /ノブロ :メロディー /ソナタ「パンの笛」/ フォーレ:ファンタジー /ヘンデル:ソナタ第3番/ スペイン風舞曲第1番 /ケーラー:子守歌 /ショパン:ノクターン第2番/シャミナード:星のセレナーデ /アルビノーニ :アダージョ /アンダンテ・パストラーレと スケルツェッティーノ /シャミナード:コンチェルティーノ /モーツァルト:協奏曲第2番/シューベルト:アルペジォーネ・ソナタ/サンカン:ソナチネ/ ソナタ「ウンディーヌ」/C.P.E.バッハ :ソナタ第11番「ハンブルガー」/サン=サーンス:オデレット /シュトックハウゼン:友情に

合奏曲
クイーン:伝説のチャンピオン
ビートルズ:オブラディ オブラダ

フルートアンサンブル“えむ”第7回定期コンサート

第7回終了

2019.4.21第7回の定期コンサートが終わりました。
メンバー15名で演奏。
全員が一致団結してこの演奏会にのぞみました。

合奏

今回はファリャ作曲「三角帽子」変拍子であり、テンポ変わっていくので大変難しい曲でした。カスタネットも入り、最後はタンブリンで勢いよく終わり、華やかな雰囲気で熱演でした。
ブランデーミルク 協奏曲は、山野楽器主催のコンテスト用に湯本洋司先生が作曲しました。 
ピッコロソロは小川悦子 アルトソロは尾張公美子

小編成

全11曲をみんなで熱演しました。
幻想的練習曲は洋司先生の作品で全10曲の中から第1番と9番を演奏。
スラブ舞曲はピアノとフルート3本の作品です。とっても素敵でした。
童謡メドレー、それぞれ熱演でした。
ハッピーゴーラッキー、とっても盛り上がりました。
星に願いを、ボランテイアコンサートでもお馴染みの曲です。  
いつか王子様が、うっとりしました。  
オペラ座の怪人、素敵な編曲でした。   

その他にも、、、  

今回はみんなちょっときつかったかな?
でも、みんなこの笑顔で終わりました。
ご来場くださいましたみなさまありがとうございました。
お手伝いくださった関係者のみなさまありがとうございました。
全ての写真は写真家の宇田川哲夫さんの作品です。
みなさまありがとうございました♫

大人のためのフルートアンサンブル教室

フルートアンサンブル教室新規開講

フルートアンサンブルを一緒に楽しみませんか?
経験のない方でも丁寧に指導していきますので、安心してご参加ください。

2019年5月10日新規開講

日 時:第1&第3金曜日(月2回)17:30~18:20
       5月は10日(金)24日(金)
会 場:ビューティーライフスマイル(さいたま市南区鹿手袋6-7-19)
     武蔵浦和、中浦和、西浦和駅より徒歩12分 
入会金:2,000円入会金:2,000円
月 謝:4,000円 (初めの1ヶ月は体験で2,000円です)

お問い合わせ       
湯本フルート教室Tel:048-862-8647
Mail:leggeromisa@f4.dion.ne.jp

第7回定期コンサート フルートアンサンブル“えむ”

私が指導しています、フルートアンサンブル“えむ”のコンサートです。
今回の合奏曲は、ファリャ作曲の「三角帽子」を湯本洋司先生が編曲してくれました。

第7回定期コンサート
埼玉会館 小ホール 14:00開演[13:30開場]

皆様のご来場を心からお待ちしています。

フルートを楽しむ会

初見大会

みんながフルートを通して、楽しいことができればと不定期で開いていますが、この試みも今回で7回目になりました。
回を重ねる度に、参加する方も増えましたてので、今回は二手に分れてみました。比較的簡単な曲グループと16分♪も大丈夫グループに分れて、どのレベルの方でも参加しやすくしました。

♪簡単な曲グループ
茶色のこびん  オーラリー  神の神子は  聖夜  
バッハコレクション  クレイジーフォー・ユー  いつか王子様が

16分♪も大丈夫グループ
ラグタイム  Tango Bolero  Mambo alla turca   私だけに
千と千尋の神かくし  幻想的練習曲  思い出は銀の笛

最後に全員で合奏にチャレンジ「80日間世界一周』

私に関係してくださっている、生徒の皆さんに声をかけました。
今回こんなにたくさんの方に集まっていただいて大変うれしいです。
みんなとっても笑顔ですね。
ありがとうございました。
このあと、新年会でさらに盛り上がりました。

ベラノッテ・フルートアンサンブルメンバー募集

ベラノッテ・フルートアンサンブルは、レッスン形式でアンサンブル行なっています。現在、メンバーは9人、
月2回18:30~21:00、トリオ、カルテット、合奏しています。
レベルに合った曲を演奏します。
今までアンサンブルをやったことがない方でも、ていねいに指導行なっています。
体験入門もございます。興味のある方ご連絡お待ちしています。
http://www.flauto.flop.jp/

ベラノッテ ボランティアコンサート

秋のくつろぎコンサート

はなまるデイサービスで、ボランティアコンサートを行いました。

現在、メンバー10人ですが、この日は7人での参加となりました。

 

プログラム

イエスタデイワンスモア(合奏)
いそぎ来れ        
ちいさな旅        
少年時代         
メリーウィドー      
夢はひそかに       
ホールニューワールド   
もみじ          
トリプルアイス      
いつもなんどでも     
君をのせて       
浜辺の歌   (合奏)

最後は、みんなで「ふるさと」を歌いました。

今回、残念なことに事情があって参加できなかった方、残念でした。
次回はみんなでコンサートしましょう

メンバー募集

11月から新しい曲始まります。
私たちと一緒にフルートアンサンブル、たのしみませんか?

フルートアンサンブル発表会を終えて

第4回目を終えて

初めは、アンサンブルなんて簡単と思って始めましたが、思った以上に奥深く困難にも遭遇しました。
その度に、工夫をしてこの第4回(2018.6.24)を迎えました。
ソロと違って、皆で息を合わせなくてはなりません。うまくいったり、ミスしたり、いつもは間違えないでできているのに思いもよらないミス、がっかりしたり、うれしくなったり、でも後悔している暇はありません。次から次にプログラムは進みます。合奏も含めれば、ひとり何回も出番がありますから、ぼーっとしている暇はありません。
スリル満点の本番を通して、みんな生き生きと演奏できたと思います。

今回は

今回力を入れたのは合わせの機会を増やすことでした。
去年の秋頃から、ぼちぼちアンサンブルの勉強会として、合わせの機会を設けました。これは自由参加でしたが、毎回好評で、皆さん力をつけられたと思います。
合わせの回数を増やしたことで、より難しい曲にもチャレンジできました。
今回、このコンサートで自信を持てた方も多かったようです。

今後の課題

普段一人で吹いていては、なかなか気がつかなかった自分の欠点も気がつくいい機会だと思います。
しっかり拍子をとって演奏すること、音があっても無くても数えることが大変重要ですし、テンポも早くなったり遅くなったりしないでキープする力も必要です。
リズム、アーティキュレーション、タンギング、音の長さ、そして音。

やっぱり音

一人だけ浮いてしまうような音ではいいハーモニーにはなりません。
やっぱり音が大切です。三重奏なら3人が同じ音質、音量で吹けることが理想です。
縦の線があってるだけでは意味がありません。
いいハーモニーには、いい音が必要です。
それには、日頃の鍛錬が大切です。

選曲と組み合わせ

いつも悩むのが選曲と組み合わせです。
最近は楽譜もたくさん出回っていますが、実はアンサンブルの楽譜は数多くはありません。
「できそうだ、楽しい、おもしろい」とひとりひとりが感じられる曲。
「これならアンサンブルになる」と想像できる組み合わせ。

これがなかなか難しいのです。

子供達

昨今の少子化の影響で、私の生徒さんも小学生は少ないのですが、小学生3人に「夢はひそかに」トリオを演奏してもらいました。
正式のメンバー3人で合わせたのは当日だけでしたが、1回、2回目からはぴったり。リハも本番もとってもいい演奏でした。
周りの大人達はそんな彼女らを羨望の眼差しで見ていました。
子供ってすごいです。

来年は

毎回盛り上がるアンサンブル発表会ですが、「初めてフルートのことをお話できる人と出会った」、「知り合いができた」など、みんな楽しそうでした。
来年はソロの発表会です。
2019.6.2  埼玉会館小ホールです。
いい発表会になるようがんばりましょう。

第4回アンサンブル 発表会 フルート

中銀白井マンシオン第ホール
平成30年6月24日(日)13:00開演

隔年で開いていたフルートの発表会ですが、その谷間にアンサンブルの発表会を開くよようになりましたが、今回4回目となりました。

プログラム

ジュピター/メヌエット /見よ、勇者は帰る/ハッシュリトルベイビー/ソナタ第1.2楽章/クヴァンツ 君をのせて/プロムナード/美しき青きドナウ/市民のファンファーレ/「未完成交響曲」よりアンダンテ/カノン/パッヘルベル/いそぎ来れ、主にある民/メリーウィドウ/山のこだま/「眠りの森の美女」よりワルツ/  踊る人形/スペイン舞曲 No2/シンデレラより「夢はひそかに」/ ブランデンブルグ協奏曲第2番より「アダージョ」/峠のわが家/聖者の行進/小さな世界/目を覚ませと呼ぶ声が聞こえが聞こえ/アマポーラ/ラ・カッチャ/夏は来ぬ/冬景色/亡き王女のためのパバーヌ/テルツェットより第1.3楽章/渚のアデリーヌ/涙のトッカータ/木漏れ日の散歩道/愛のよろこび/アンダンテとロンド/メンデルスゾーンとラハナーの主題による3つの二重奏曲/スラブ舞曲/

合奏      

プログラムの最後は、いつも洋司先生が合奏曲を作ってくれます。
今回は、マンシーニの往年の名曲「ひまわり」「ピンクパンサー」「刑事コロンボ」を編曲して、『ヘンリー・マンシーニ セレクション』 として、指揮してくれます。

今回は、去年から個人レッスンの他にアンサンブルの合わせの機会を何度も作り、準備してきました。
毎回顔を合わせて、みなさん和やかに練習してまいりました。
楽しみです。

お問い合わせ 湯本048-862-8647

私の恩師が詩集を出版しました

最愛の人を亡くした悲しみは、どんなに時を経ても癒えることはなく、
二人で過ごした日々の沢山の想い出をたどりながら綴る詩は、
亡き人を思って書き続ける天国への手紙です。
それを一冊の詩集にしました。

暮らしの手帳社から

出版されました。
葵先生は、たくさんのことを教えてくださった私にとっては母のような存在です。
芸大の受験では、ソルフェージュのお世話になり、先生の素晴らしい歌に魅了され声楽も学ばせていただきました。先生のその言動、行動、すべてが周りの方達を惹きつけます。
興味のある方はこちら→「暮らしの手帳社」をご覧くださいませ。

午後のくつろぎコンサート終了

 フルートアンサンブル3団体のコラボレーション

お天気にも恵まれて、さいたま市文化センターの多目的ホールで開催しました。

ベラノッテ

ベラノッテのメンバーはいつも楽しそうです。
まだ発足してから、1年10ヶ月あまり、この新しいベラノッテのみんなに、晴れ舞台に立って欲しいとこのコンサートを企画しました。

昨年9月18日のボランティアコンサートをバネに望んだ今回の演奏では、大健闘でした。
リハーサルはばっちり♪( ´θ`)、
本番では若さが出ました ♪(´・_・`)

笛吹き隊 Kotori

とっても仲がいい5人組。
去年、ヤマノのアマチュアコンテストでも演奏した「心に染みる5つの言葉」今回全楽章披露しました。
メンバーの江守さんのピアノ伴奏で「エンターティナー」「彼方の光」を演奏。
圧巻だったのがディズニーの「イッツアスモールワールド」「ジャングルブック」を演奏、お客様方の手拍子もいただいて、おおいに盛り上がりました。

 

えむ

昨年9月の第6回定期演奏会の成功で、一段と自信を深めましたが、
今回は、「ボアモルティエのコンチェルト」「フックのトリオ」「ベルトミュー/猫」いずれも全楽章を演奏し、より内容を充実させ、しっっかりした演奏を披露しました。
最後に、メンバー全員で、去年お別れした石田さんに、湯本洋司作曲の「レクイエム」を演奏してご冥福を祈りました。

 

 

最後に、出演者、お手伝いの皆さん全員で記念撮影。

みんなで協力して一つのコンサートを作り上げ、素晴らしい1日でした。

ご来場の皆さまありがとうございました。

打ち上げは、イタリアンカフェ「コエノトッコ」を貸切にして、お互いの労をねぎらいました。お疲れ様でした。

写真は、ベラノッテのメンバーで写真家の宇田川哲夫さん撮影。